マテリアルカタログ
365/556

塗るタイル X-11mm厚の薄塗り立体左官材エックスワンX-1と従来からある左官材との違いは?クラックの入りにくい弾性タイプの左官材といえば、これまでその多くは有機化合物によるものでした。取扱いが難しく経年変化のある有機の材料に比べ、セラミックタイルと同じ無機質のケイ素化合物が主成分のX-1は、紫外線や酸性雨による変化・劣化が極めて少なく、安定した状態を保つことができる全く新しいタイプの仕上げ材です。従来の弾性タイプの塗材のように、塗膜が膨らんでしまう現象が起こりますか?X-1は、非常に接着力が強く下地の吸水を完璧に防ぐことができる、専用のプライマーとセットでご使用いただきます。必ず規定量を塗布し、空気が入り込まないように上からX-1をしっかりと塗り付けていただければ塗膜の膨張は起こりません。なぜ表面硬度が高いのに可とう性があるのですか?X-1の主成分であるケイ素化合物は非常に硬いのですが、その粒子同士が“関節”のような構造で繋がっているため、温度変化による下地の収縮や膨張の動きに沿って、柔軟に対応することができます。そのため、表面硬度を保ちながら可とう性にも優れ、経年変化によるクラックが入りにくい特性となっています。度が高いのに可とう性があるのですか?高い表面硬度と可とう性を両立優れた耐候性と建物保護セラミックタイル同様の光特性安定した品質と施工性セラミックタイルと同じくケイ素化合物による、全く新しい無機質左官材。※可とう性:曲げたわめることができること● 塗るタイルX-1(エックスワン) Q & A施工が難しいのでは?職人さんだけではなくDIY愛好家の方にも気軽にご使用いただけるよう既調合パックにしてお届けします。重さを量ったり水と混練する手間もなく、袋から取り出せば直ぐ塗っていただけます。更に、プライマー・下塗り・中塗り・仕上げ塗りと工程を重ね5mm程の塗厚になってしまう従来品に比べ、X-1はたった1mmの塗厚で下地も隠せ、凹凸感が際立つ表情豊かなパターン仕上げが可能です。施工手間、要する時間、使用材の絶対量を抑え、同時に排水汚染や環境負荷も各段に少ない、人にも環境にも優しい理想的な左官材です。● 実際の商品と写真は異なる場合があります。365M10

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です